MENU

 

講師ごあいさつ

みんなで楽しむ自分史講座「自分史ふくしま」を運営している自分史活用アドバイザーの横山秀人と申します。
自分史作成講座、自分史交流ワークショップ講座の講師を行いながら、自分史の魅力・メリット・楽しさなどをご紹介しています。
どうぞよろしくお願いいたします。

※自分史活用アドバイザー・・・一般社団法人自分史活用推進協議会(以下、協議会)の認定資格。平成29年11月に取得。
※講師プロフィールは、このページの最後に記載しております。

自分史の魅力・メリット

1 生きてきた証を残せる
2 自分をより知ることができる
3 生きがいが見つかる
4 自信や自尊心が高まる
5 自分をうまくアピールできるようになる
6 コミュニケーションを深められる
7 脳の活性化になる(認知症予防の一つ回想法)
8 つくること自体が楽しい など
詳細は、協議会HPをご覧ください。自分史の魅力、活用方法、表現方法が紹介されています。

自分史講座の楽しさ!

〇「自分史の魅力・メリットを学ぶ」ことができます。
〇「自分史を作る」ことができます
〇「話が盛り上がり、みんなで楽しい時間を過ごす」ことができます

自分史作成は、一人で行うことも楽しいですが、講座等に参加したみんなと和気あいあいと作っていくのが、より楽しいです。
私自身が講座に参加したり、講座の講師を行うたびに感じています。

現在、 自分史作成講座・自分史交流ワークショップ講座の講師を行っています。
100の質問に答えるだけで自分史づくりが簡単にできる「思い出ノート」を主に利用しています。
このノートのメリットは、
・本(書き込みノート)として、自筆の自分史が残る。
・文字が大きいのでご年配の方でも安心して読むことができる。
・講座内で書ききれなくても、おうちに帰って書くことができる。
・参加者同士、同じノートに書きこむことにより、共通テーマでおしゃべりしやすくなる。
・安い!500円です。

「思い出ノート」毎日新聞社制作 1冊500円
公益財団法人認知症予防財団が監修していますので、脳の活性化や老化防止につながる工夫もされています。
おすすめは3~4人グループでのワークショップ。
誰かが一つの思い出を話すと、『連鎖的に』いろいろな思い出が皆さんから出てきます。
その思い出のキャッチボールがとても楽しいです。時には、地域の記録史に残して置きたい思い出も出てきます。その時は忘れないように大事に記録しておきます。
皆さんもお友達や地域の方と一緒に自分史交流ワークショップを試してみてはいかがでしょうか。

自分史作成講座を開催したいご担当者様へ

事業計画素案づくり・予算取りの見積りも可能です。
また、行政書士をしていますので、家系図作成の方法、相続・遺言等に関する情報のヒントなどを自分史講座の中でお伝えすることも、質疑に対応することもできます。
平成30年11月に講師をした自分史作成講座は、計画素案作成のための情報提供・予算取りのための見積もり・開催案内のご相談等を1年かけて行ってきました。

講師料は、1~3時間 20,000円~50,000円 + 交通費等
※あくまで目安です。実際は、目的・内容・人数等によって決定します。
※事前訪問打合せ1回分が含まれています。事前にお会いして打ち合わせをしたほうが、お互いに安心できると思っています。
(福島市・川俣町・飯舘村のみ訪問。その他の市町村につきましては、訪問打合せではなく、メール等にてご相談したいと思っています。)

自分史活用例1)
町内会のコミュニケーションの手段として自分史の活用
皆さんの自分史「住んでいる町の思い出」が集まれば、町の思い出年表、思い出マップができあがります。
ご提案
「自分ごとから思い出をあげていただき、そこから共通のキーワードを見つけ、そこからさらに思い出を引き出す。時間・人数にあわせ、形になるものを残す。短ければホワイトボードに直に書き込みもあり。帰り際、今日皆さんとお話したことを思い出しながら帰ってみてください。いつも見慣れている町の景色が変わった気がすると思います。と自分の住んでいる町を気に掛ける意識づけをする。」

 

自分史活用例2)
老人会のお茶飲み会の話題として自分史の活用
お茶を飲みながら、昔話をすることは楽しいでしょうね。脳が活性化し、認知症予防につながるかも!
ご提案
「思い出して書く。ことをまず行い、簡単な家族・仕事などの年表を作ります。さらに、楽しかったこと、うれしかったことを書いていただき、皆さんに発表していただきます。思い出話が広がると思います。時間があれば、一枚の自分史(一つの出来事を詳しく書く)を書き、お土産として奥さんか旦那さん、子供や孫に見せてくださいねと伝える。」

家族史活用例1)
家族のコミュニケーションの手段としての家族史の活用
家族年表を一緒につくると楽しいでしょうね。一緒に写真も見ながら行うとより楽しいでしょうね。
ご提案
「難しいかもしれませんが、2世代・3世代の家族が集まる場所に伺って、家族史年表(コピーした写真付き)の作成を進めることができればいいですね。座学で勉強しても、帰ってから家族でやってみてくださいでは、なんか恥ずかしくて難しいのかなと思っています。ただ、きちんとした書き込み式年表(新聞紙程度)を作って、お渡しすれば、家族が書き込めるかなと思っています。今は、A3用紙が新聞紙大まで拡大印刷できますからね。家族で一緒に何かをつくる。この過程が思い出になると思うんですよね。」

講師実績・予定

平成30年
11月12日 「農業家族史作成」個別講師
11月22日 「自分史作成講座」主催:飯舘村老人クラブ連合会
12月  6日 「自分史作成講座」主催:飯舘村老人クラブ連合会
平成31年
  2月13日 「自分史作成講座」主催:飯舘村老人クラブ連合会 

講師プロフィール

自分史活用アドバイザー 横山 秀人

昭和45年(1970年)生まれ 49歳
横山行政書士事務所 代表(福島市)
縁結び家系図や 店主
自分史に関係する資格等
・自分史活用アドバイザー
・写真整理初級アドバイザー
趣味 農風景の写真撮影


お問合せ先

電話 024-563-7066(横山行政書士事務所内)
メール yokoyama@office.nifty.jp
住所 〒960-9141 福島市渡利字沖町62番地の3